高精度の血流認証システム開発・販売のバイオニクス株式会社

製品の変遷

2001129日に弊社は産声を上げました。
弊社が主力事業としております「血流認証技術」のきっかけとなったのは代表者である私の実母の病でした。当時母は若年性アルツハイマー病を患い、日々少しずつ記憶が失われていく中で、日常生活の中で母自身が色々な管理をする事が困難となっていきました。当時、私は母を通して将来の日本の姿を見た思いでした。
高齢者がますます増え、あらゆる種類の認知症患者が増え、日常生活の中で鍵やカードを持つ事自身が難しくなり、同時にその管理自身が大きなストレスになると考えたのです。

高齢化社会に対する対策だけではなりません。
今まで水と安全は“ただ”と言われた我国において、そんな安全神話は早晩崩壊すると考えておりました。特に子供達の安全を如何に守るか、これは喫緊の課題であると考えたのです。子供に鍵やカードを持たせ、それらを管理させること自体が危険であると思い、少子高齢化の世の中に大きく寄与できる技術であると思い立ち、バイオニクス株式会社を創業致しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加